×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Ubuntu Server 16.04 LTSの設定関係

ホーム > ICT > Linux関係 > Ubuntu Server 16.04 LTSの設定関係

注意

このサイトの利用によって生じた損害については当方では責任を負いかねますのでご了承ください。

OSのダウンロード

  1. http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu-releases/
    からOSのisoファイルをダウンロードします。
  2. DVDに焼きます。

OSをインストール

  1. OSをインストールします。

OSのアップデート

アップデートを実行します。
# apt-get update
# apt-get upgrade
# apt-get dist-upgrade

各プログラムをインストール

日本語文字フォント
# apt-get install fonts-ipafont-mincho
# apt-get install fonts-ipafont-gothic
テキストエディタEmacs
# apt-get install emacs
SSL環境
# apt-get install openssl
SSH環境
# apt-get install open-ssh
sloginコマンドが使用できます。
ウイルス対策ソフトclamav
# apt-get install clamav
# apt-get install clamav-daemon
ファイアウォール
# apt-get install ufw
# apt-get install gufw
シェル
# apt-get install bash
# apt-get install tcsh
# apt-get install ssh
# apt-get install zsh
Synapticパッケージ管理ソフト
# apt-get install synaptic
Samba
# apt-get install samba

ファイアウォールの設定

ファイアウォールの有効化します。
# ufw enable
(補足)ファイアウォールの無効化方法
# ufw disable
標準ポリシーの設定について、標準ですべてのアクセスを拒否します。
# ufw default deny
(補足)標準ですべてのアクセスを許可する方法
# ufw default allow
指定したPCからのアクセスのみ許可します。
# ufw allow from [IP]
指定した[IP]からのアクセスを許可します。(受信)
# ufw allow to [IP]
指定した[IP]へのアクセスを許可します。(送信)

IPの固定

「/etc/network/interfaces」を書き換えていきます。
# emacs /etc/network/interfaces
DHCP設定の行をコメントアウトします。
(訂正前)iface eth0 inet dhcp
(訂正後)# iface eth0 inet dhcp
IP等を設定します。
iface eth0 inet static
address [固定したいIP]
netmask 255.255.255.0
network ***.***.***.0
gateway ***.***.***.1
dns-nameservers ***.***.***.1

デスクトップ環境のインストール

インストール

設定ファイル(redHat系)
/etc/sysconfig/desktop
LightDM
# apt-get install lightdm
GNOME
# apt-get install gdm
KDM
# apt-get install kdm
GNOME
# apt-get install lxde
XDM
# apt-get install xdm

設定ファイル(RedHat系)

場所
/etc/sysconfig/desktop
GNOME
DISPLAYMANAGER="GNOME"
KDE
DISPLAYMANAGER="KDE"
LXDM
DISPLAYMANAGER="LXDM"
XDM
DISPLAYMANAGER="XDM"

Sambaの設定

ファイルの場所は
/etc/samba/smbd.conf
にあります。

[global]の設定

workgroupの設定をします。
(設定前)# workgroup = WORKGROUP
(設定後)workgroup=*******
文字コードを設定します。
# Windows側の文字コード
dos cahrset = CP932
# Linux側の文字コード
unix charset = UTF-8
# swatで表示される文字コード
display charset = UTF-8

共有したいフォルダの設定

共有したいフォルダの設定
[共有名(表示されます)]
# コメントを残します
comment = コメント
# パスの場所を指定します
path = 共有したい場所
# ゲストからのアクセスを拒否します
guest ok = no

browsable = yes
writable = yes
hide special files = yes
hide unreadable = yes

create mask = 0600
force create mode = 0600
security mask = 0600
force security mode = 0600

directory mask = 0700
force directory mode = 0700
directory security mask = 0700
force directory security mode = 0700

hide files = lost+foundのある場所

Sambaのユーザとパスワードの設定

smbpasswdコマンドでユーザとパスワードを入力します。
# smbpasswd [ユーザ名]
[パスワード]

Sambaの再起動

serviceコマンドで再起動します。
# service smbd restart

HDDの増設関係

GPartedをインストールします。
# apt-get install gparted
シャットダウンをしてHDDを増設後、起動します。
HDDの順番やSATAの番号に注意する。
GPartedを起動し、サイズを指定してフォーマットします。
フォーマットはext4でフォーマットします。
「/etc/fstab」を編集します。
UUID="*******" [マウントしたいフォルダのパス] ext4 defaults 0 [番号]
のような形式で追記します。

作成日:2014年2月6日、最終更新日: