×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Micorosft Office 2013が起動できない不具合に対する対処法

ホーム > ICT > Windows関係 > Micorosft Office 2013が起動できない不具合に対する対処法

はじめに

エラーコードと症状等

エラーコード

---------------------------------------------------------------------------------------------------
Officeをダウンロードできません
必要なファイルが見つかりません。インストールソースに到達できることを確認してもう一度お試しください
エラーコード: 2-3
---------------------------------------------------------------------------------------------------

該当バージョン

(不具合のバージョン)(※当時)
15.0.4433.1508

(安定のバージョン)(2014年9月30日現在)
15.0.4649.1003

症状

  • 起動しようとするがダメでした。
  • Officeの修復を試みるがダメでした。
  • Officeのアンインストールを開始するもエラーが出ました。
  • 下記のやり方でセーフモードでアンインストールし、所持しているインストールディスクで再インストールするも、 次の日は更新失敗したためなのか、起動ができなくなりました。

対処法

  1. 通常のアンインストールができないので、
    http://support.microsoft.com/kb/2739501/ja
    から、Fixitをダウンロードします。
    ファイル名は「O15CTRRemove.diagcab」です。
  2. PCを再起動し、セーフモードで起動します。
  3. セーフモードで「O15CTRRemove.diagcab」を実行し、Office2013のアンインストールをします。
  4. PCを再起動します。
  5. https://www.office.com/setup/
    にアクセスします。
  6. パッケージ箱に書いてあるプロダクトキーを入力し、ファイルをダウンロードします。
    ついでに、isoファイルをダウンロードし、改めてDVDに焼いておきます。
    DVDに焼いたら、バージョンを書いておくといいと思います。
  7. ダウンロードしたファイルを実行し、インストールします。

作成日:2014年9月30日、最終更新日: